現在値グラフデータの取得(最新300件分)

概要

おんどとりWebStorageで管理されている機器の現在値グラフデータの中で最新部分300件を取得します。

リクエスト

URI

https://api.webstorage.jp/v1/devices/latest-data

アクセス制限

参照専用IDでもご利用できます。

このAPIでデータ取得できる機種

TR-7wf/nwシリーズ 、TR4シリーズ

※RTR-500シリーズの子機のグラフデータならびにTR-700Wシリーズの現在値グラフデータについては今後のバージョンアップにて対応予定です。

レートリミット

60回/60秒

10数台規模で、対応機器を最短で1秒間隔で記録測定するように設定し、おんどとりWebStorageへ1分毎にデータを自動送信している場合に、毎分に近い間隔で最新の数分間の記録データを取得する運用をカバーできるように設計しました。
登録台数が60台を超えているような場合では1分ごとの確認とはなりませんが、APIで取得できるデータ件数を300件(1秒記録間隔であれば5分間の記録に相当)にしておりますので、APIを毎秒呼び出すことで「60台x5分間=300台程度」の運用まではカバーできるように設計をしています。

レートリミット自体は短期間に一斉にアクセス集中することを避けて負荷を分散するための方針となります。ご了承ください。

機器別の現在値グラフのデータ保存件数

シリーズ名現在値グラフのデータ保存件数上限
TR4シリーズ160,000件
TR-7wf/nwシリーズ80,000件
RTR-500シリーズ(子機) (*)1,500件
RTR-700Wシリーズ (*)1,500件

(*) RTR-500シリーズ(子機)、RTR-700Wシリーズの現在値グラフデータ取得にはまだ対応しておりません。今後のバージョンアップにて対応予定です。

リクエスト ヘッダ

項目名
HTTP MethodPOST
X-HTTP-Method-OverrideGET
Hostapi.webstorage.jp:443
Content-Typeapplication/json

リクエスト パラメータ

パラメータ名要否デフォルト値説明
api-keystring(45文字)必須---取得済みのAPI KEY
login-idstring(8文字)必須---利用者ID。参照専用IDでも可(*1)。
login-passstring(4~16文字)必須---上記利用者IDに対するパスワード。
remote-serialstring(8文字)必須---グラフデータを取り出す機器シリアル番号。複数台指定はできません。
typestring( json/csv )json受け取るグラフデータの形式。json形式とcsv形式を選択できます。

リクエスト例

リクエストヘッダ

POST /v1/devices/latest-data HTTP/1.1
Host: api.webstorage.jp:443
Content-Type: application/json
X-HTTP-Method-Override: GET

リクエストボディ

{
"api-key":"73pfobnche8d1p6laqnemsbnpkght3bjv047oid6p2sg3",
"login-id":"tbzz9999",
"login-pass":"ppaasswwoorrdd",
"remote-serial":"52120001"
}

※この例では、TR-71wf[52120001]の現在値グラフデータ100件をjson形式で取得。

レスポンス

レスポンス ヘッダ

項目名説明
HTTP status code(**)HTTPステータスコード
Content-Typeapplication/json; charset=utf-8
text/csv; charset=utf-8
JSON形式/CSV形式のいずれか指定した形式により変わる。文字コードはUTF-8。
X-RateLimit-Limit(integer)単位時間あたりのアクセス上限
X-RateLimit-Reset(integer)単位時間の秒数
X-RateLimit-Remaining(integer)単位時間あたりのアクセス残数

(**) HTTPステータスコードが「200」であれば正常に処理が完了しています。それ以外のHTTPステータスコードが返ってきた場合にはエラーにより処理されていません。 エラー発生時には下記のようなエラー情報を含むJSONデータが返ってきます。

HTTP/1.1 400 Bad Request
Server: api.webstorage.jp
Content-Type: application/json; charset=utf-8
X-RateLimit-Limit: 60
X-RateLimit-Reset: 60
X-RateLimit-Remaining: 57

{
	"error":{
		"code": エラーコード,
		"message": "エラーの内容"
	}
}

レスポンス パラメータ(JSON形式)

下記の表において、channel.nameのように項目名にピリオド(.)が含まれるような場合は、channelに含まれる配列の要素を示しています。

項目名 要否 説明
serial string 必須 指定した機器のシリアル番号
model string 必須 指定した機器のモデル名称
time-diff number 必須 機器の時差情報[単位は分]。子機の場合は親機に設定されている時差情報。
std-bias number 必須 機器の標準時差[単位は分]。子機の場合は親機に設定されている標準時差。
dst-bias number 必須 機器の夏時間時差[単位は分]。子機の場合は親機に設定されている夏時間時差。
name string 必須 指定した機器の機器名称
channel 配列 測定チャンネル情報。データが不足している機器を指定した場合には空配列となる場合があります。
  channel.name string 必須 チャンネル名称
  channel.num number 必須 チャンネル番号 (0 ~ )
  channel.unit string 必須 チャンネル測定単位
data 配列 データ件数0件の場合には空配列となります。
  data.unixtime number 必須 グラフデータのunixtime
  data.data-id number 必須 グラフデータのdata-id(*1)
  data.ch1 number 必須 上記unixtimeにおけるch1の値
  data.ch2 number 上記unixtimeにおけるch2の値。機器によりch2を測定していない場合には存在しません。

(*1) data-idは初期化されない限りは増加し続ける、1から始まるIDとなります。この値の連続性にてデータの連続性をチェックすることができます。ただし、TR4のモニタリングデータについては常に「"data-id": 0」となります。

レスポンス例 (JSON形式)

※実際のレスポンスは下記の例のように見やすい形に整形されていない場合がありますのでご了承ください。

HTTP/1.1 200 OK
Server: api.webstorage.jp
Content-Type: application/json; charset=utf-8
X-RateLimit-Limit: 60
X-RateLimit-Reset: 60
X-RateLimit-Remaining: 57

{
	"serial":"52140001",
	"model":"TR-72wf",
	"name":"東側の窓の外",
	"channel":[
		{
			"name":"temp",
			"num":0,
			"unit":"C"
		},{
			"name":"humid",
			"num":1,
			"unit":"%"
		}],
	"data":[
		{
			"unixtime": 123456789,
			"ch1":23.5,
			"ch2":65
		},{
			"unixtime": 123456800,
			"ch1":25.5,
			"ch2":68
		}, ... ,{
			"unixtime": 123456999,
			"ch1":21.5,
			"ch2":60
		}
	]
}

レスポンス パラメータ(CSV形式)

CSV形式でデータを受け取る際のデータ形式についての説明です。
この形式はT&D GraphなどでデータをCSV出力する形式と同じです。

1行目 (ヘッダ行) Date/Time (固定値) Date/Time (固定値) No.1 (固定値) No.2 (固定値)(チャンネル数により増減)
2行目 (ヘッダ行) 時差:GMT**:**/夏時間:on/off (*1) (機器の時差設定) 日付のシリアル値(Excel) (固定値) ch1のチャンネル名称 ch2のチャンネル名称 (チャンネル数により増減)
3行目 (ヘッダ行) (固定値で空データ) (固定値で空データ) ch1の測定単位 ch2の測定単位 (チャンネル数により増減)
4行目以降 (データ行) 測定時刻 (*2) 測定時刻のexcelのシリアル値 (*3) ch1の測定値 ch2の測定値 (チャンネル数により増減)

(*1) 機器に設定されている時差情報と、WebStorageの管理画面上の夏時間設定のOn/Offが表示されます。
(*2) 測定時刻に機器の時差情報・夏時間補正を加えた時刻を"yyyy-mm-dd HH:mm:ss"の形式で表現しています。
(*3) (*2)の時差情報などで補正された時刻を、エクセルで利用される日付のシリアル値に変換したものです。

レスポンス例 (CSV形式)

HTTP/1.1 200 OK
Server: api.webstorage.jp
Content-Type: text/csv; charset=utf-8
X-RateLimit-Limit: 60
X-RateLimit-Reset: 60
X-RateLimit-Remaining: 57

"Date/Time","Date/Time","No.1"
"時差:GMT+9:00/夏時間:off","日付のシリアル値(Excel)","Temp"
"","","C"
"2016-12-14 15:46:14","42718.657106481","24.1"
"2016-12-14 15:46:24","42718.657222222","24.0"
"2016-12-14 15:46:34","42718.657337963","24.0"
"2016-12-14 15:46:44","42718.657453704","24.1"
"2016-12-14 15:46:54","42718.657569444","24.1"
"2016-12-14 15:47:04","42718.657685185","24.0"
"2016-12-14 15:47:14","42718.657800926","24.0"
"2016-12-14 15:47:24","42718.657916667","24.0"
"2016-12-14 15:47:34","42718.658032407","24.0"
"2016-12-14 15:47:44","42718.658148148","24.1"
"2016-12-14 15:47:54","42718.658263889","24.2"
"2016-12-14 15:48:04","42718.65837963","24.2"
.....

MENU